フリーラジカルに効果!オリーブオイルの成分

オレイン酸

不飽和脂肪酸。不飽和脂肪酸の中でも、最も酸化されにくく、人間の体内で活性酸素(フリーラジカル)と結びついて過酸化脂質をつくりにくくする為、動脈硬化、高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防に役立ちます。

また、善玉コレステロールHDLは下げずに悪玉コレステロールLDLだけを減らします

また、胃もたれや胸焼けすることが少なく、便秘に効果があります。


ポリフェノール

植物の樹皮や種などに含まれる天然成分。

フラボノイド・イソフラボン・タンニン・カテキン・ケルセチン・アントシアニンなどの総称です。

ポリフェノールの効果・効能は、抗酸化作用と抗菌殺菌作用。様々な病気の原因となる活性酸素の働きを抑え、殺菌作用があることからストレスや睡眠不足からくる肌荒れやニキビを抑える役割をします。


ビタミンE

植物・も類などの光合成生物により合成される脂溶性ビタミン。

人間の体内にある脂質が酸化し、老化や生活習慣病の原因となる過酸化脂質(40歳を過ぎると急激に量が増える)になるのを防ぐ働きがあります。

オレイン酸・ポリフェノールと同じように活性酸素の攻撃から細胞膜を守る役割をし、血中コレステロール値を下げる作用があります。


オレオカンタール〜スパイシーな味のもう一つの効果

オレオカンタールは、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルのかすかにピリリと刺激のある味の原因物質である。オレオカンタールは、チロソールエステルの一種であり、その化学構造はオリーブ・オイルから発見されたオレウロペインに類似している。

オレオカンタールは、抗炎症作用と抗酸化作用を有する物質として発見された。古典的な非ステロイド性抗炎症薬に似て、 シクロオキシゲナーゼ(COX)を非選択的に阻害する[1]。なお、シクロオキシゲナーゼ(COX)は、炎症作用を有するプロスタグランジンをアラキドン酸から合成する酵素である。このことは、オリーブ・オイルからこの物質を長期間、少量摂取することが、地中海料理が心臓病の発生の予防に部分的に貢献しているかもしれないことを示唆している。

毎日50gのオリーブ・オイルの摂取は、イブプロフェンの成人の服用量の1/10の服用と同様の効果があると考えられている・ヴァージン・オリーブ・オイルのかすかにピリリと刺激のある味の原因物質。

抗炎症作用と抗酸化作用を有する物質として発見された。古典的な非ステロイド性抗炎症薬に似て、 シクロオキシゲナーゼ(COX)を非選択的に阻害する[1]。なお、シクロオキシゲナーゼ(COX)は、炎症作用を有するプロスタグランジンをアラキドン酸から合成する酵素である。このことは、オリーブ・オイルからこの物質を長期間、少量摂取することが、地中海料理が心臓病の発生の予防に部分的に貢献しているかもしれないことを示唆している。

毎日50gのオリーブ・オイルの摂取は、イブプロフェンの成人の服用量の1/10の服用と同様の効果があると考えられている。*ウィキペディアより