一粒のオリーブ〜オリーブオイルの種類

バージンオリーブオイル〜果実を搾ったもの

  1. エクストラバージンオリーブオイル=酸度は0.8%以下。味・香り共に完璧なオイル。
  2. ファインバージンオリーブオイル=酸度は2.0%以下。味・香り共に完全なオイル。
  3. オーディナリーバージンオリーブオイル=酸度は3.3%以下。
  4. ランパンテバージンオリーブオイル=酸度は3.3%以上。食用には不向きなオイル。

精製オリーブオイル

  1. 精製オリーブオイル=酸度は0.3以下。ランパンテを精製したオイル。
  2. 精製オリーブオイルポマースオイル=酸度は0.3%以下。バージンオイルの搾りかすから溶剤を使って精製したオイル。

オリーブオイル〜精製オイル+バージンオイル

  1. ピュアオリーブオイル=酸度は1.0%以下。精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたオイル。
  2. オリーブオイルポマースオイル=酸度は1.0%以下。精製ポマースオイルとバージンオイルをブレンドしたオイル。

オリーブの実は、一番搾りのエクストラバージンオイルからランプ用のランパンテオイルまで、余すところ無く利用されます。オリーブオイルが生産されたと言われる紀元前4500年頃からオリーブは食用のほかに、皮膚に塗る薬用として、キリスト教を始め様々な宗教の行事に、また石鹸としてやランプ用のオイルとして愛用されてきたのです。